So-net無料ブログ作成


ワンランク上の乳酸菌サプリなら

-| 2016年02月 |2016年03月 ブログトップ

乳酸菌 おすすめ [乳酸菌 おすすめ]

乳酸菌で、わたしがいいと思っておすすめするのが
まず、これです。↓



なぜかというと

乳酸菌を含む食品やサプリメントで
いくら大量に乳酸菌を摂取しても

乳酸菌は熱や酸に弱いため、腸に届く前に
体温や胃液などでほとんどが死滅してしまうので、
きちんとたどり着けるのはごく微量。

しかし、この「命の乳酸菌」は
熱に強い7つの乳酸菌を厳選配合しています。

また、特許製法コーティングカプセルなので
胃酸で溶けずに腸まで届くのです。

腸まで届く乳酸菌が1粒中(1日目安)に約346億個!
1袋あたり、なんとヨーグルト1,038個分ですよ!

お値段的も、お手頃で、絶対オススメです!
コメント(0) 

乳酸菌 サプリ [乳酸菌 サプリ]

NHKの「ためしてガッテン」便秘特集で紹介されていた
便秘予防法・・・それは、なんと「ご飯を食べること」でした。

ご飯や麺類中心の日本食と、おかずには
お魚、海草類、大豆製品、野菜、お肉少々を1日2食
そして、適量のプレーンヨーグルトを食べるといいそうです。

これで、水分を含んだ軟らかい便ができるからなんですって。

お水をがぶ飲みしても、便秘解消に関係ないか。

毎日プレーンヨーグルトが身体にいいのですね!

でも、ヨーグルトを食べても乳酸菌が生きて腸に届くとは限りません。

確実に腸に乳酸菌が届くようにするにはやはりサプリがいいですね。

いろいろなサプリがありますが、どれがいいでしょうか?

コメント(0) 

乳酸菌 効果 [乳酸菌 効果]

乳酸菌はどうして身体にいいんでしょうか?

その効果を具体的に調べてみました。

生まれた時の赤ちゃんを調べてみると
腸内が99%のビフィズス菌でしめられているそうです。

そう、善玉菌と言われるビフィズス菌です。

これが、腸内の環境を整えてくれているのですが
年齢とともに減っていき、60歳では、なんと1%に!

乳酸菌は善玉菌なので、消化・吸収をサポートし
便秘や下痢などのトラブルから守ってくれます。

そして、免疫力を高めてくれるので
花粉症やアトピーなどにもなりにくくしてくれます。

あとコレステロールを抑制する働きもあり
生活習慣病を防いでくれます。

そして、がんなどの誘因となる悪玉菌を
やっつけてくれる、頼もしい正義の味方です。

というわけで、乳酸菌の効果は素晴らしい!

ただ、残念なことに、年齢とともに減る一方なので
食品やサプリで補うことが必要なんですね。

乳酸菌には副作用がないし
お薬飲むよりは、ずーっと安心ではないでしょうか♪
コメント(0) 

乳酸菌 種類 [乳酸菌 種類]

乳酸菌にはいろんな種類があるんですね。

わたしがすぐ思いつくのは、ビフィズス菌だけですが
こんなにあったんです。

・1073乳酸菌
・kw乳酸菌
・r-1乳酸菌
・l-55乳酸菌
・lb81乳酸菌
・lgg乳酸菌
・n-1乳酸菌
・ns乳酸菌
・L29乳酸菌
・L-92乳酸菌
・lg21乳酸菌
・EF乳酸菌
・ETF-2001
・乳酸菌bb536
・乳酸菌ls1
・乳酸菌ec-12
・乳酸菌シロタ株
・乳酸菌生成エキス
・ナノ型乳酸菌
・プロテクト乳酸菌
・ラクティス乳酸菌
・新型乳酸菌
・殺菌乳酸菌
・有胞子性乳酸菌
・ビフィズス菌
・ヤクルト菌
・植物性乳酸菌
・コッカス菌
・クレモリス菌
・ラブレ菌
・P.ペントサセウス
・T.ハロフイルス

腸内の最近は大きく分けて、善玉菌と悪玉菌。
これは知っていましたが、日和見菌、というのがあるそうです。

日和見菌は、普段は善玉菌なのに
悪いのに影響されると悪玉菌になるっていう菌、笑。

こういうのを調整してくれるのが乳酸菌ですが
種類が本当に多いですねー。

あ、ヤクルト菌は知ってました!
コメント(0) 

乳酸菌 R1 [乳酸菌 R−1]

ただいま、子供を中心にインフルエンザ蔓延中!

そんな季節に話題になるのが、R-1乳酸菌とかR-1ヨーグルトですね。

インフルエンザに効果的だそうですが
正しくは、ラクトバチルス・ブルガリクス1037R-1という乳酸菌です。

このR-1という乳酸菌が使われているのが、これ。



R-1乳酸菌には免疫力を高めて
風邪やインフルエンザにならない身体になるとか。

体内にあるナチュラルキラー細胞を活性化させ、免疫力を高めてくれます。

じっさいに、小学生に食べてもらって調査を行ったところ
インフルエンザにかかった小学生は0.64パーセントで
食べなかった小学生たちは10.48パーセントだったとか。

コメント(0) 

乳酸菌 熱  [乳酸菌 熱]

乳酸菌は腸を整え、体質改善をしてくれる
力強い味方です。

体質改善されれば、花粉症などのアレルギーからも解放されて
もっと楽になりますね。

ところで、耳よりなお話!

みかんの皮とヨーグルトで作ったドリンクが「花粉症対策」になるのです。

みかんの果皮に多く含まれるフラボノイドの一種・ノビレチンが
花粉症の症状を緩和するんですが

牛乳の成分であるβラクトグロブリンと一緒に摂取すると
腸内で善玉菌である乳酸菌として活躍し、体質改善になるのです。

ただ、乳酸菌は熱に弱いので、火は通さないこと。

せっかくの花粉症対策も、熱で乳酸菌が死んでしまっては
元も子もありませんからね^^
コメント(0) 

乳酸菌 英語 [乳酸菌 英語]

乳酸菌は英語でなんというかというと
Lactic acid bacteria

えー、バクテリアなんですね?

あ、そうか「菌」ですから
Lactic(乳)acid(酸)bacteria(菌)。

そのままの訳だったんですね。

カルピスという乳酸飲料がありますが
これ、日本人なら誰でも知っている飲み物ですよね?

でも、英語国民がこれを聞くと
Cow piss(牛のおしっこ)としか聞こえないので
名前変えたほうがいいとか、むかしから言われてますねー。

コメント(0) 

乳酸菌 チョコ [乳酸菌 チョコ]

せっかく腸の環境を整えて体質改善を図ってくれる
乳酸菌だけど、なかなか生きて腸まで届かない。

それなら、と乳酸菌をチョコで詰んでしまったお菓子
「乳酸菌ショコラ」がいまとっても人気です。

注目の乳酸菌がチョコに包まれて
生きたままの乳酸菌が100倍食べられると評判。

「お口の恋人ロッテ」は腸の恋人でもあるみたいですね^^


コメント(0) 

乳酸菌 食べ物 [乳酸菌 食べ物]

よく言われる乳酸菌て、どんな菌でしょう?

じつは、この菌、必ずしも食べ物だけとは限らないんですね。

自然界で生成され、土や水、動植物にも存在しているものだそうです。

それが牛乳を発酵させ、ヨーグルトを作るわけですが
ブルガリアやトルコあたり作られていたはっ酵乳がそれです。

腸内の毒素が減って健康になる食べ物です。

20世紀始めにロシアの科学者が「ヨーグルトによる不老長寿説」を
唱えたところから、広く世界に知られたんですね。

ヨーグルトやチーズ、バター、バターミルクなど
乳酸菌を含む醗酵食品にも広く使用されていいます。

食べるだけで、毒素をやっつけてくれる善玉菌と言われています。
コメント(0) 

乳酸菌 花粉症 [乳酸菌 花粉症]

またまたいや〜な季節になってきました。
そう、ぐすぐす、くしゅんくしゅんの花粉症です。

聞くところによると、ヨーグルトが花粉症に効くとか?

それは、ヨーグルトに含まれている乳酸菌が
腸内でうまく作用して免疫力が高まるので
アレルギーの花粉症状も緩和されるということですが。

花粉症を和らげるには「体質改善」が大切と言われています。
それに効果的なのが乳酸菌だそう。

ヨーグルト食べてますが、どうなんでしょうね〜?

これより悪くなるのを防いでくれているのかも知れないと思うと
忘れず食べるようにしなくちゃと思います♪
コメント(0) 

-|2016年02月 |2016年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。